サイトメニュー

デリケートな悩み

治療

需要の高い小陰唇の縮小手術

男性ほど女性の性器の悩みについては、おおっぴらに語られることはありません。女性同士であってもなかなか女性器の悩みに関しては、友人にも相談することができないといいます。銀座の美容整形外科に相談に来る女性の中には、女性器形成の相談も少なくないといいます。銀座の美容整形外科においては、一人一人のプライベートを守る目的で、カウンセリングは個室で行われます。守秘義務に関しては徹底していることから、外部に漏れる心配もないのです。近年、特に増えているのが小陰唇縮小手術の依頼です。小陰唇が極端に肥大している場合、見た目が悪くなったり、炎症を起こしたりすることがあるのです。また、小陰唇の大きさに悩む女性のほとんどが、見た目があまり良くないことに悩んでいるのです。そこで、肥大したり、黒ずみが気になる部分の小陰唇を手術によって切除します。手術時間は、片方に付き30分程度の簡単な手術になります。局部麻酔をすることから、手術中は痛みを感じることも無いので、安心です。

密かに小陰唇の縮小手術に対するニーズが高まっている理由の一つに、デリケートな部分の見た目が改善されるというメリットがあります。そもそも、女性が自分の小陰唇に何かしら問題があることを知るという原因の一つに、異性からの指摘にあります。異性から、小陰唇が大きかったり、肥大していることを指摘され、その結果、コンプレックスに感じて銀座の美容整形外科を受診するようになるのです。このように、異性から性器の形について指摘を受けるということは、かなりショッキングなことであると見受けられます。実際、かなり悩んでから意を決して銀座の美容整形外科の利用を決めたという女性も少なくありません。しかし、小陰唇の整形手術というのは至って簡単であることから、切除をしてしまえば問題もコンプレックスもきれいに解消することができるのです。美容整形外科の医師によれば、小陰唇の悩みを抱えているよりは、手術を受けて肥大した部分を切除したり、左右のバランスを整えたりする手術を受けることを推奨しています。

Copyright© 2020 プライバシーに配慮した心配りの行き届いたクリニックが多いのが特徴 All Rights Reserved.